Home » キッチンリフォーム » ポイントリフォーム » ワークトップカウンターの交換

ワークトップカウンターの交換

9月 8th, 2011 カテゴリー ポイントリフォーム

キッチンカウンター・ワークトップの交換リフォームキッチンカウンター(天板)ワークトップの交換リフォーム
汚れて傷ついてしまたキッチンカウンターを交換します。人工大理石カウンターやステンレスカウンター、メラミンポストフォームなど、一体型のワークトップも、もちろん交換可能です。人気のヤマハマーブルクラフトカウンター&シンクの交換工事も承ります。【製品のみは全国対応可能】※採寸が必要な場合は横浜・東京近郊のみとなります。

 

 

STEP1 今のキッチンをご確認下さい

キッチンのワークトップカウンター(天板)を新しい「人工大理石カウンター」に交換するために、はじめに下記事項を確認しましょう。
コンロからシンクまでカウンター(天板)が一枚でつながっていますか?コンロ部分が段差になっている場合はコンロキャビネットの交換などが必要になります。

キッチンのタイプはⅠ型・L型・U型ですか?

  • L型・U型の場合キャビネットの交換が必要となる事があります。

カウンター(天板)の最も長い寸法は?

  • 3m以上ある場合は都度、ご相談ください。

カウンター(天板)の奥行き寸法は?

基本サイズは60cm・65cmとなります。その他のサイズはご相談ください。

シンク下の収納は開き扉・引出し式?

  • 引き出し式の場合交換できない場合がございます。

カウンター(天板)下のキャビネットは木製ですか?

  • ステンレス製、ホーロー製の場合、交換できない事があります。

キッチンまわりの壁はタイルですか?

  • タイルの場合、タイルやキッチンパネルへの張替工事が必要になる事があります。

キッチンメーカー名はお分かりですか?

  • キッチンの正面や扉裏面、キャビネット内部のシールなどをご確認ください。

STEP2 カウンターやシンクなど、仕様の検討をします。

お好みのカラーやキッチンシンクを検討しましょう。弊社では、コーリアン、スタロンなど人工大理石メーカー各社の取扱いをいたしております。また、人気のヤマハマーブルクラフトもお取扱いしています。多彩なバリェーションから、お好きなカウンターをお選びいただけます。

STEP3 事前下見調査

事前に下見調査を承ります。
日程をお打合せの上、弊社担当者が、下見調査にお伺いいたします。
工事エリアは左記をご覧下さい。

STEP4 お見積をご提出いたします。

お選びいただいたカウンター、シンクやレンジフードなど交換のためのお見積書を提出します。(お見積まで無料です。)

STEP5 契約・工事のお打合せ

お見積をご確認の上、正式契約となります。工事日程などのお打合せをさせていただきます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - ワークトップカウンターの交換
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed

カテゴリー内新着記事一覧

  • ワークトップカウンターの交換
  • ポイントリフォーム
  • コメントをどうぞ

    このページの掲載内容についてご質問やご意見を下記のフォームよりお送りいただけます。お気軽にご投稿ください。